ナレーションを挿入してよりクオリティの高い動画に
ロゴ

ナレーション挿入を依頼するうえで注意すべきこと

ナレーションを挿入してよりクオリティの高い動画に

社内

イメージを明確化する

企業のPV動画やCMなどで、ナレーションの挿入を依頼することがあると思います。まず依頼するうえで、どのようなイメージの動画にしたいのかはっきりして、それを業者側と共有することがとても大事です。はっきりとしたイメージがないままナレーションを依頼してしまうと、結局何を伝えたいのか分からない動画に仕上がってしまう可能性があります。そうならないように事前にイメージをはっきりしておきましょう。

どのような感情で話すか

動画によって感情の入れ方が異なると思います。あまり感情を込めずにナレーションする場合や、喜怒哀楽をはっきりとする場合だってあることでしょう。この感情の入れ方も動画の仕上がりに強く影響するため、よく打ち合わせをしたほうがよいと思います。

ナレーションに使う原稿

目で見て理解しやすいものと、耳で聞いて分かりやすいものは異なっている場合があります。例えば漢字を使用している場合、目で見ると理解できますが、耳で聞くと頭に入りづらいということがあります。そのような時は別の分かりやすい言葉に替えるようにしましょう。また一文は短く区切った方が理解しやすいと思います。

イメージ通りになっているか

ナレーションを挿入したら、想定していたイメージの通りの動画に仕上がっているのか最終確認をしましょう。最終チェックは動画の仕上がりを左右する最後の砦です。「感情の入れ方」「ナレーション内容は分かりやすいか」など入念にチェックするようにしましょう。

収録スタジオ選びのポイント

no.1

レコーディングする環境をチェック

一番重要なのがレコーディング環境です。レコーディングする場所が騒がしくて雑音がマイクに入りやすい環境であれば、ナレーションを挿入しても何を話しているのか分かりません。これでは意味がありませんので、必ずホームページでレコーディング環境を確認するようにしましょう。その際は、無音で密閉された部屋なのかをチェックしてください。

no.2

機材をチェック

1位に次いで重要なのはどのような機材を使用しているのかです。機材によってナレーションの音質が変わります。せっかく良いナレーションを収録できたとしても音質が悪いと、宣伝効果は半減してしまうでしょう。そうならないためにも、音質が良い機材を使用しているのか確認してください。

no.3

使用料金をチェック

それぞれの企業で動画制作の予算が決められていると思います。予算をオーバーしてしまうとナレーションを挿入することができません。そのため予算内に収めることができるのか確認してください。ホームページを見れば、費用の内訳が記載されていると思います。

情報収集は怠らずに

収録スタジオ選びを失敗してしまうと、クオリティの低い動画になりかねません。失敗しないためにも徹底的に情報収集をしましょう。そうすることで宣伝効果が高い動画が仕上がることでしょう。

広告募集中